NEXT Functional Medicine Institute
Institute Members

  ● Director
   
NExT-Institute 所長
    神経機能医学創設者
   

   
田中 伸彦 B.C.Sc.
    Nobuhiko Tanaka B.C.Sc.
 
 神経機能医学の創始者でNExT-Institute 所長。
プロフィールの詳細は、下記のアイコンから参照ください。ご挨拶や、プロフィールを見ることができます。
 学 位 等 
プロフィールは、「Director」のページへ。
(左記のアイコンをクリックしてください。)
 Director Page



  ● Researcher
   
学術・研究発表指導 担当
   

   
竹谷内 康修 M.D.,D.C.
    Yasunobu Takeyachi, MD,DC.
 
 メッセージ
 
  徒手療法家が主として治療する運動器のメカニズムは、きわめて複雑で理解しがたいものです。
 それが故にメカニズムをいたずらに単純化、歪曲化したテクニックシステムが世の中に氾濫し、治療家や患者さんを惑わせています。

 田中先生の創始したNeuro-Functional Medicine は、深い洞察に基づいて、その複雑なメカニズムを解き明かしています。

 さらに、医学的原理を用いて診断や治療をわかりやすく体系化しています。
何より、田中先生の創始したNeuro-Functional Medicine は、他の療法にはない患者さんを本当に治せるノウハウがあります。

 私は、田中先生のセミナーを受講する前は、自身のクリニックで伝統的なカイロプラクティック理論に基づいて治療をしていました。

 しかし、受講してからは診断法も治療法も Neuro-Functional Medicine に基づくものに一変しました。
変更してからは、これまで治せなかった患者さんを治せるようになったり、診断に難渋していた病態も充分に分析できるようになったりしました。

 神経機能医学講座を受講開始以来、患者さんの症状が従来よりも改善するようになったので、多くの方が信頼して通院してくださり、また、患者さんからの紹介も増えるなど、クリニックの経営にも好影響が見られています。

 より多くの徒手療法家が Neuro-Functional Medicine を学んで患者さんを救い、そして治療院経営の安定化の一助となることを願っています。

 学 位 
 Medical doctor 東京慈恵会医科大学卒 
 Doctor of Chiropractic  米国イリノイ州 ナショナル健康科学大学
所 属
 日本整形外科学会 会員
 福島県立医科大学整形外科同門会 会員
 日本統合医療学会 会員
 所 属 
竹谷内医院


  ● Researcher
   
薬学、機能栄養学 担当
   

   
山本 修司 BCSc,
    Shuuji Yamamotoi, B.C.Sc.
 メッセージ
  田中先生の創始されたNeuro-Functional Medicine は、従来の徒手医学のメカニズムを解析し、根拠に基ずく医療として体系化された全く新しい医学の形です。

 また、多くの方がたくさん基礎医学を勉強したのに役立てることができず、実際の臨床では自分の経験のみで治療にあったっている方が多いのではないでしょうか?

 Neuro-Functional Medicine では、今まで勉強してきた生理学や神経学の知識が無駄になりません。
 医学の世界で通用する用語で、従来の徒手医学のすべてが説明できます。
 患者さんを確実に治せるだけではなく、他の医療従事者からも理解され認められる、新しい医学体系の始まりです!!
 学 位 
  Bachelor of Pharmacy  東北大学 薬学部卒業
  Master of Bioscience  奈良先端科学技術大学院大学
 バイオサイエンス研究科卒業 
  Bachelor of Chiropractic Science    オーストラリア ビクトリア州立 
 メルボルン工科大学
資 格 
 薬剤師
第一種衛生管理者
 所 属 
銀座コルノ施術院


  ● Researcher
   
神経機能医学、理学療法統合 担当
   

   
山崎 忍 P.T.
    Shinobu Yamazaki P.T.
 メッセージ
 
 田中先生の創始されたNeuro-Functional Medicine は、EBMに基づく革新的なコンセプトで成り立っています。
理学療法の中にも数多くの徒手療法が存在しますが、各々で検査・治療法および理論は、全く異なります。そのため、多くの治療テクニックを学び治療の選択肢が増えても、本当は何が正しいのか分らなくなることが少なくないのです。

 実際に私もその状態に陥りました。

 しかし、田中先生の神経機能医学講座を受講してきたことで、その問題は解決されました。
つまり、Neuro-Functional Medicine によって、個々の徒手療法を統合し、最適な形で運用・応用することが可能となるでしょう。

 私は、Neuro-Functional Medicine に出会えた事で、検査や治療における思考過程が劇的に変化しました。
現在、整形外科の外来クリニックに勤務していますが、数年前とは景色が違って見える感覚です。
また、患者さんの改善率が格段に向上し、患者さんからの紹介も増えきています。

 理学療法士としての立場から言わせてもらうと、理学療法士の持っている知識、経験と Neuro-Functional Medicine は非常に相性がよく、これまで学んできた事の全てを活かすことが可能と思われます。私は神経機能医学講座を受講し始めてから基礎医学の勉強が面白くなりました。

 Neuro-Functional Medicin は徒手療法における真理の道筋です。
 是非、多くの治療家の方々にNeuro-Functional Medicine の門を叩いて貰いたいと強く願います。

資 格 
 Physiotherapist (理学療法士) 長崎リハビリテーション学院 理学療法学科 卒業 
第一種衛生管理者
 所 属 
うしおえ太陽クリニック

  ● Researcher
   
トラウマ解放法 臨床心理学 担当
   

   
細見 知加 C.P.
    Chika Hosomi  C.P.
 メッセージ

 
 心と体は別々のものである。と心身二元論を唱えたのはかの有名なデカルトですが、現在では心身相関や、心身一如などという考え方がたくさんでてきています。
 

 
 私が心理学を通して臨床を行ってきた短い経験からでも、心に問題を抱えている人は得てして体にも不調が出ています。身体を整えると心も整う。逆もまた然りです。

心の問題のみを主に取り扱う心理学に行き詰まりを感じていた私が出会ったのは、身体の問題から心の問題にもアプローチをしている神経機能医学(Neuro-Functional Medicine)でした。

 田中先生が創始されたこの革新的な医学は、臨床心理学の世界でも新しくいろいろな技法が開発されているトラウマの治療についても独自の手法を持ち、たくさんの難病患者さんを治すなど、目を見張るばかりの成果を上げています。 

 
 しかし今の成果で満足をせず、さらなる進化を求めて変化を続けていくこの医学に、時代が変わったとしても救われる患者さんはこれからも多いことでしょう。
 

 Neuro-Functional Medicineが身体の専門家はもちろん、心の専門家、引いては一般の方へたくさん知られ、深められるようになることを願ってやみません。

私たちの手でさらなる進化をさせていきましょう。

 学 位 
 関西大学 社会学部 心理学専攻 卒業
 関西大学大学院 心理学研究科 心理臨床学専攻 (臨床心理専門職大学院) 修了 
資 格 
 Clinical Psychotherapist (臨床心理士)
経 歴

これまでに大学の学生相談室、発達障害児の通所施設勤務を経験。
現在はスクールカウンセラー、大学研究補助員、施設カウンセリングルームのカウンセラーとして勤務。
専門はブリーフセラピー、パーソンセンタードアプローチ、折衷的心理療法。
 


  ● Researcher
   

   
小林 昌彦 BCSc
    Masahiko Kobayashii, B.C.Sc.
 
 田中所長が、15年前に主催していた徒手医学研究グループ 「AXIS Integrated Somatic Technology」 の初期からのメンバー。
 学 位 
 Bachelor of Chiropractic Science  オーストラリア ビクトリア州立 メルボルン工科大学
 認 定
 カイロプラクティック臨床神経学卒後教育課程修了 Carrick Institute
 Dr,Nambudripad アレルギー除去テクニック(Basic NAET)  NAET Japan
 元AXIS IST 主任研究員 AXIS I.S.T.  
 所 属 
やぎやま徒手医学研究所