NEXT Functional Medicine Institute
2012年に開催した講座

 2012年 11月4日 Neuro-Functional Medicine Basic4 (最終セミナー )
 参加者の皆さん、お疲れ様でした。会員認定試験というプレッシャーの中良く参加されました。
真の治療家だと思います。
普通のセミナーでは、あり得ない試験制度ですが、患者側の立場からみれば、何よりの安心につながります。
NExT-Institute のNFMセミナーは、セミナービジネスではないという理由がここにあります。
常に患者さん目線。
そして、NFMのブランド化により会員の成功をサポートし、職業としの魅力を築き、優秀な人材を集め医学としての未来を築くこと。
そして、
NExT-NFM の治療家が、間違いなく生き残り勝利するでしょう。
では皆さん、ともに徒手医学の革新を。
   






参加者のメールから
 学生 H.T.君
  今回もありがとうございました。

 2月から参加させてもらいましたが、あっという間に今年のBasicが終わってしまいました。

 先生方は臨床をしながら、新しい試みであるセミナーを企画、準備するのは大変だったと思います。御苦労様でした。
 ほかの神経学セミナーよりもわかりやすいと思っていましたが、

神経生理学もセミナー出ただけでは全然理解が出来ていないということがテストを受けてよくわかりました(汗)

 来年はインターミディエイトが始まり、先生方のスケジュールがもっと大変になると思います、体に気をつけて日々お過ごし下さい。

また来年にお会い出来る事を楽しみにしています。



 2012年 7月1日 やさしい神経生理学サロン1
  参加者の皆さん、お疲れ様でした。参加者のなかには、来年もBasicを受けますという受講生もおられました。
正しいと思います。
神経生理学は一度聞いたら理解したというわけにはいきせんので。今回は神経生理学の内容だけでなく、NFMに重要な部分も紹介しました。
皆さん、ともに徒手医学の革新を。





 
 参加者のメールから
柔道式整復師 H.K 先生
昨日は、お疲れ様でした。
今回も有意義な内容で、参加してよかったです。
特に、村井先生の講義の後の田中先生のお話は、NExTに関して重要な内容をお話しされているのだなとわかり、集中して聞いていました。 
Basicを今年一年、受けてきましたが、もっと勉強しなければならないことが良くわかりました。
テストの結果にかかわらず、出来れば来年も、Basic に参加したいと思います。
Basic-4の準備も大変だと思いますが、お体ご自愛ください。
ありがとうございました。


2012年 9月2日 Neuro-Functional Medicine Basic-3 & 補強講座 
 参加者の皆さん、お疲れ様でした。今回の講義内容は、腰部と下肢ユニット診断ですから、今までで一番臨床で役に立つ内容ではなかったかと思います。ただ、Basicはあくまで基礎です。Basic はあくまでも基本的な基礎医学と理論の学習がメインです。今後、Intermidiate において、膝や足首、顎関節、頭蓋などのフレームシステムと神経学的自律神経治療、さらにはなどのワークショップで治療技術の向上をめざし、高度な治療理論とシステムを紹介。さらにパワフルな内容となります。今後、学会会員制度も整備されて行きますのでご期待下さい。
 今回の体験でも「すごい!!」との声も上がりました。Basicは、あと一回。がんばりましょう。

Basic-3


補強講座
 参加者のメールから
 柔道式整復師 K.K. 先生
 先生の知識の多さには感嘆するばかりです。

セミナー後も疲れている中アフターセミナーをして頂きありがとうございました。

もうbasicも次最後ですね、時間が立つのは本当にはやいです、時間ばかりたち、自分が身についていないのでテストが怖いですが・・・

  研究所から一言。
 先生方の中には、神経生理学が難しいので認定試験が重荷になっている方も多いようです。
 それで「Basic-4 」を受けないでおこうかとか・・・。
 しかし、今までのこの徒手医学系のセミナーは、試験もなく、何の保障もありませんでした。
 それは、患者に対する保障です。個々のテクニックはそれぞれの効果を謳ってはいるのですが、その理論が正しいのか、あるいは、その治療家が本当にできるのかという患者さん側に対する保障は何ももありません。
 業界に向けた目線ではなく、患者さん側に向けた目線であるべきと考えています。
 たとえば内科の医師が、内科学会の認定医を取得する場合、セミナーを受ければ認定になれるというものではありません。
 Applied Kinesiologyにしても、試験に合格しなければ ICAKの会員にはなれない。
 セミナービジネスで設ける目的なら、簡単に資格が取れるようにしたほうが儲かるでしょう。
 しかし、NExT-Institute は、そのような考えはありません。
 あくまで、治せる臨床家を輩出することが目的です。しかも、みんな仲間だから、みんな合格というのであれば、患者さん側の理論ではなく、業界側の理論です。

それで医学として市民権を得られるわけがありません。

 それらの理由で、講義を受けられた先生方がどれだけ理解いただけたかを、将来の認定臨床家となるために試験を行うようにしています。 


 勇気を持ってチャレンジして下さい。
 

 2012年 7月1日 やさしい神経生理学サロン1
 入りきれなかった先生方には、申し訳ありませんでした。普段の神経生理学の基本復習だけでなく、内臓の関連通に対する神経生理学的機序の情報など普段できない神経生理学の専門書にもない情報も盛り込まれ臨床に役立つ内容もあり、大変好評でした。



 参加者のメールから
 カイロプラクティック理学士 K.K 先生
 とても興味深い内容もあり、勉強になりました。田中先生の臨床に関する話は、神経生理学をどう応用するかにおいて非常に役に立ちます。
今回は、講義の内容に関係なく、生後9ヶ月の水頭症の赤ちゃんに対する治療に関して受講者から相談があったのですが、受講者から実際の治療室での患者に関する質問も、すごい臨床と知識で即答してくださるのですごい。しかも、そこから派生して関連事項に関する講義も今回の講義内容に関連させてしてくださり、興味は尽きません。
なぜ、田中先生は準備もなくあれだけの内容を講義できるのか・・・?。
ありがとうございました。
 カイロプラクティック理学士 K.N 先生
 昨日はとても有意義な時間をありがとうございました。
村井先生の講義は、少しでも分かりやすく説明しようと言う気持ちが伝わってくる講義でした。
そして、田中先生の講義は目茶苦茶、おいしかったです。
すごく良いセミナーだと感じました。
難しいところに足を踏み入れたという気持ちもありますが、それを上回る面白さと希望のほうがはるかに大きいです。
次回もよろしくお願いいたします。

 2012年 6月3日 Neuro-functional Medicine Basic-2
今回も大盛況でした。
NFMは、テクニックセミナーではなく、「なぜ、障害が起こるか?から解明し、医学的理から、科学的な検査、そして治療に移行できる医学的システムです。ですから、固定されたものではなく進化し続けることができます。「~がこう言っているからこうだ!」というものはありません。医学的エビデンスを有する科学です。
補強講座では、技術練習の時点で自分の症状が改善する方までいました。




 参加者のメールから。
 理学療法士 T.N 先生
 前回まで、医学理論的な講義が多かったのですが、すべてがつながりました。これほどまでに臨床の検査と治療が簡潔明瞭にまとめられ、即効性があるものに出会ったことがありませんでした。しかも、田中先生の「なぜそうなるか」という医学的説明も詳細で驚くばかりです。
また、補強講座に出席して、田中先生の臨床での膨大なテクニック知見にも二度驚きです。勉強する価値があるものだと思います。

 2012年 5月20日 Neuro-functional Medicine Basic-Introduction 2 
 途中参加される先生方のための講座です。
 二回目となると、講師もペースが分かって来ましたので、スムーズかつさらに分かりやすく進みました。
 理学療法士の先生方の質問が活発で、よかったと思います。




 お手紙をいただきました。(一部紹介)
 大学講師 T.I.先生 
 ネクストの膨大な臨床知見と背景にある科学的知識を学ぶのは簡単ではありませんが、挑戦する価値のあるすばらしいものだと考えています。それ以上に、田中先生のお人柄が人を魅了させますね!
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 2012年 4月1日 NExT-Institute 主催 Neuro-functional Medicine Basic-1
  今回は、前回の参加者に加え大学講師の先生が、さらに増え56名の参加者でした。
 革新的で実践的な理論と技術によって、短時間の検査と治療を可能にし、なおかつ大きな効果を発揮するNFM。
 講義の次の日にすでに参加者の先生方から、効果があったとの報告が届いています。 しかし、今はNFM のBasicコースです。
 まだ、基礎中の基礎講義です。
 効果は、こんなものではなく、難病に対してももっと驚くべき効果があります。
 ご期待ください。






 参加者からのメール(一部)
 柔道整復師 T. F. 先生。
 今朝、頚・肩痛いという新患の患者様が来院。

 昨日の施術法が適応だったので、施術するとスーッと痛 みが消えたと大変喜ばれました。

 検査と施術が一致したので、短時間で少ない刺激で患者様に負担をかけず効果が出た事に、自分もスーッとしました。


2012年 2月5日 Neuro-functional Medicine Basic-Introduction 
カイロプラクター,理学療法士、作業療法士、看護師、鍼灸師、柔道式整復師,大学講師 など総勢 50名の参加でした。